ちんブログ

その辺にいる女子大生の意味をなさない記録媒体。

BTS ソウルコンの話。

 

行ってきたのでござる。愛してやまないぐくちゅあんのライブ@ソウルへ。

 

ライブへ参加するのが(参戦というのは恥ずかしくて言えない。)2日目だったということもあり、セトリを見ていくかどうか悩んだのだが、一切見ないことにした。

ハマってまだ間もないのであんまり聴き込めてない曲が来たらどうしようなどと不安に思いながらではあったが、なんとかしてネタバレは避けた。いや、避けようとした。

 

がしかし、この現代社会、完全に情報をシャットアウトするのも難しく、メンバー全員がソロ曲を歌うということだけ知ってしまった。

ソロ曲………。一曲も知らねぇ………。

となったわたしは、前日から数回ずつだけ聴いて挑んだのだ。

正直言ってこのソロ曲達、つまらなすぎる……。

数曲まだ許せるものもあったのはあったのだが、なにがって、グクちんの曲がほんとにつまらない。聴いてて楽しくもないし感動もないし、どんな感情を持って聴くのが正解なのかが全く見えなかった。

 

そんなこんなでライブ当日。朝8時に空港に着いてソウルへ向かうことになっており、起床時間は4時を予定していた。

寝坊したとかいうしょーもない話ではない。前夜、一睡もできなかったのだ。荷物を詰め終わったのが夜中の2時を回っていたため、布団で寝たら絶対起きれないと思いリビングで寝ようとしたのだが、なぜだか全く睡魔がやってこない。日頃から不規則な生活をしてはいたのだが、寝る体勢にさえ入ればいつでも寝れるような赤子であったはずなのに…。(違う) 遠足の前日、待ち遠しすぎて寝れない小学生時代なんか送っていない。なにが原因なのかさっぱりわからなかったが、オールナイトで空港に向かった。

機内で30分程度の睡眠は取れた。意外と体は元気だ。まだまだ若いな、なんてこの時は思っていたものだ。

 

ソウルへ到着後、わりとギリギリのスケジュールで会場に向かった。今回チケットは代行業者を介して入手しており、当日引き渡しということで15時半までに会場の近くのカフェに行かねばならなかった。電車を間違えたりした結果、会場の最寄駅に着くのが15:10となった。

さあここから急いで引き渡し場所に向かうぞ!と意気込み、ドームの周辺を人をかき分けて走った。のだが、地図の示す経路通りに行くとそこは通行できなくなっていたのだ。焦る。時間がない。本当に焦る。高い金をはたいて手に入れたはずのチケット。なんとしてでもこの手の元へ…。という切実な思いを持ったまま、あのデカいドームをぐるっと回り、かなーーーり迂回してようやく指定のカフェの入り口に辿り着いた時刻15:29。

 

死ぬ。死ぬ。こんなにお金を出したのに、異国の地まで来たのに、ぐくちんを拝めないなんて死ぬ。

 

そう思いながらようやくビルの2階にあるカフェに入ろうとしたのだが、エレベーターが全然来ない。待っても待っても来ない。この時はここ数年で一番イライラしただろう。なんとか2階に辿り着いた。その時刻15:30。

そこにいた業者らしからぬ若い韓国人の女の子二人組に話しかけた。その場でタイムアウトーーーー!なんて言われたら…などと恐ろしい未来を想像しながら。だが現実は思っていたほど厳しくなかった。息を切らしてゼェハァ言ってる異国人であるわたしを笑顔で迎えてくれたのだ。

 

人生、生きてれば危機にさらされることもある。しかし、必死で走り続けていれば、その先に幸せはまっているのだ。安堵感が半端でなかった。

 

いやー、ほんとに、もう、死ぬほど走った。死んでないけど。死んでないけど死ぬほど走った。いつぶりだろうこんなに走り回ったのは。オール明け( )からのこの体力の消耗具合。

 

さあ。やっとのことでチケットを手に入れ、なんとかアミボムも購入。電池を買い忘れたとかいう新たなハプニングも起きてはまた走ったのだが、なんとかコンビニで買えたので耐えた。

 

いよいよ。時間ギリギリで会場の中へ入り、一緒に行ってくれた先輩とは席が連番でなかったため一旦バイバイして1人で着席。

 

さあ、はじまる。ぐくちんに会える。

 

 

始まった。アガる。どうしよ。気持ちがふわふわしていた。

客席からの悲鳴の嵐に包まれ、メンバー登場。

 

 

 

 

 

え?

 

 

 

 

 

立たんの?

 

 

 

 

 

 

 

実は前日これも軽くネタバレ(?)を踏んでいた。「スタンディングじゃないらしい」と。

 

 

 

 

え?

 

ガチ?

 

 

 

 

オールシッティングコンサート。

いやいやそんなの聞いたことないから〜(笑)アイドルのコンサートやで?(笑)槇原敬之のライブですら曲によっちゃみんな立ってたで?(笑)

などと頭の中で1人でドームの観客全員にツッコミを入れていたのだが、最後の最後まで立つことはなかった。

 

 

コンサート中盤。

つまらないアンドほとんど知らないソロ曲(バラード)がずっと続くの。ほんとにメリハリもなんにもない時間が続くの。

前夜オールナイトで開演前は会場周辺を走り回ったの。

今、座ってるの。

 

 

 

 

 

眠すぎ。

 

 

 

 

 

いやてか、寝てた。

 

 

 

 

 

 

 

弁明はする。寝たは言い過ぎ。いや、そうでもない。けど、ウトウトはした。ぐーすかぐーすかは寝てない。そりゃそうだ。

 

けど、記憶がほとんどない曲が数曲ある。これは事実。

 

 

 

さっきも書いたが、高い金をはたいて手に入れたチケットだ。金だけの問題ではない。大好きなぐくちんを見にここまで来たのだ。何をしている?

 

とまで思ってはない。だってあの中盤、ほんとにつまらなかったから…(笑)

いや、笑ってはいけない。彼らに直接言いたい。あのライブ構成!!!まじでつまんないから!!!バラードしかもソロ曲。(つまり、さほど興味のないメンバーの曲を数曲、時間にして数十分聴かなくてはならない)

 

もうちょっとあっただろう〜〜〜〜〜〜!

いやまあわたしのコンディションが最悪だったのが一番の原因である。寝てしまった理由はそこなのだ。

ただ、もし元気な体で挑んでいて?もし全部見ていたら?

「なんか暗〜い曲の連続で、中だるみやばかったよねー。」

って言ってただろう。結局ね。

 

終わったことに文句つけても仕方ない。ジャパンツアーまでにはあの中だるみどうにかしといてくれよ、と空に向かって毎日祈り続けるしかないのだ。

 

 

 

好きなグループの話をしてるのにマイナスなことばかり書くのもどうかと思うので、良かった点も書こうと思う。

 

中だるみを超えた後の後半のヒット曲メドレー、あーの勢いはすごかった。これは本当。

やっぱりね〜、ああいう勢いってのが大事なわけ〜。陰気くさ〜い曲をチンタラチンタラと連続でするのは良くないわけ〜。

中だるみからの差がすごすぎてあんなにもわたしを襲ってきてた睡魔ちゃんも驚いて逃げてったわ。

 

あとは、トロッコで外周走ったり、気球に乗って上段の客席にも近づこうとしたあたりは評価できる。まぁ、気球は結局大して高く上がらなかった上に一瞬で降りてったけど。

ステージに外周つけたらいいのになんてまたいちゃもんも出てくるが、努力は認めたいと思う。

これまでジャニーズのコンサートのものすごい演出に慣れすぎてるせいだろう。あれは本当にエンターテイメントそのものだ。そりゃ本人達の歌やダンスの実力は韓国の方が圧倒的に勝つが、来てくれたお客さんを楽しませようとする心意気では惨敗だ。

それは「魅せる」ことを目的にしているからであろうが、あんなに広い会場で豆粒程度にしか見えない距離じゃどんなにうまいダンスでもこちらには伝わってこない。工夫を凝らすべきだ。

あのグループのライブは楽しいよ!と言われるような、そんなグループになってほしいという勝手な願望だ。もちろん、自分が楽しみたいというのが一番である。

 

 

というわけで、ソウルコンの感想をつらつらと書いた。

ソウルコンの感想っていうよりはそれまでに至る苦労話という方が合っているだろう。

 

シンプルに「かっこよかった(≧∀≦)」とかも言えるんだけども、そんなこと他の人たちがいくらでも言ってるのであえてわたしがこんなところで書くことではないと思って言っていない。

 

自分だからこそ感じたことを述べたまでである。

 

 

 

 

 

ジャパンツアーでまたぐくちんに会えるように、しっかりと働いてお金を貯めることが今の目標である。

 

 

 

以上。

2017年の生き方についての話。

 

三日坊主も甚だしく、前回の更新が1ヶ月以上前だった。

この1ヶ月の間の大きな出来事と言えば、2016年の終結、そして、2017年の到来。

 

 

2017年の自分の在り方を考えるにあたり、まずは自分にとって2016年とはどんな年だったか振り返ってみることにする。

 

 

2016年、正直前半の記憶がかなり少ない。というか本能が記憶を消してるんだと思う。

というのは、6月に当時付き合っていた人と別れたのだが、2016年の前半というのは彼に関する事案が記憶の大部分を占めるからである。

 

今思えば別れて正解だった。だってその後の生活の充実度合いがこれまたすごいんだもの。

けれど、当時はまあそれなりに苦しんで悩んだし、たかが19の女からすればかなり辛い日々であったのだ。

 

詳しい経緯はもうどうでもいいから書き記すつもりはない。ただ、本当に2016年前半というのは大した記憶が残っていないというだけである。

 

というわけで、わたしにとって2016年の思い出というのは、全て後半の半年に詰まっている。

 

とにかくこの半年は自由に伸び伸びと生きていた。具体的に言うと、より多くの人やモノ、文化に触れた。

日常的な面でいうと、身近な人とたくさん会話を交わした。とにかく積極的にお酒の席にあらゆる人を誘ったのだ。

 

それから、夏休みや学祭休みの期間を利用して10回以上旅行した。日帰りのものも含めているが、そのうち海外へ行ったのが3度である。

バリ島、台湾、韓国へ行ったが、最も印象的なのはダントツでバリ島だ。そこに流れる非日常空間に魅了されまくった。ぜひとも再びまた訪れたい場所No.1である。

 

とにかくわたしは非日常体験が好きだ。旅行好きなのは以前からだったが、この2016年は特にあちこちに足を伸ばすことができ、まさに自分の願望をより多く実現した年であった。

 

6月に彼氏と別れてからは恋愛はしてない。いいなと思う人がいても恋愛関係には発展していない。

しかし、わたしにとって大きな契機となったのが、防弾少年団との出会いである。この件については以前の記事で書いたので省略することにするが、元々持っているアイドルオタク気質が再興してきたのだ。おかげで毎日がハッピーだ。

 

あ、そうだ。ソウルコンのチケットはなんとか代行にて確保できたので、また2月に韓国へ行って参る。チケット代が倍以上になってるのはなんとも悔しいが仕方ない。それよりも、2枚で取ったのに連番じゃなかったことの方がわたしの心をかき乱している。まあそれは今は置いておこう。

 

というわけで、わたしの2016年というのは、生きてきた20年間で最も充実していた一年であった。

 

 

では本題。2017年をどう生きるか。

 

今年は大学生活も後半に入る年だ。2年間遊び倒したからそろそろ勉強やら将来のことやら、しっかり考えていかなくてはならん。本当は逃げたいが。仕方ない。

 

具体的に言うと、4月からは大学とバイトの往復で生きていくつもりだ。これまでの生活を考えれば、わたしがそんなことできるはずがない。けれども、できそうな気がする。理由は、遊ぶ友達がいなくなるから。大学の友達のほとんどが3月から留学に行ってしまうのと、大学入学当初から続けているバイトを辞めるのでそこでの人間関係も希薄になるのだ。

 

ほんとはさみしい。一応その辺り並みの女子大生の感情は持っている。けれども、それをいい機会だと思うのだ。今まで散々サボってきた勉強をする時が来た。実を言うとこの秋から留学を考えている。それならなおさら、ある程度勉強しておかないとせっかく大金を叩くのにそれほどの効果が得られないということになりかねない。

もちろん、お金も貯めないといけない。旅行ばかりしてたこれまでの学生生活ではお金はたまらなかった。3月末にイタリアに行くのだが、それから帰ってきたら旅行はもうしない。という心意気でいる。

 

あとは単純に3回生になるということで自分のキャリアについても考えていかねばならなくなる。企業のインターンへの参加もこの夏には必須だろう。将来の夢みたいなものはないし、こういう仕事がしたいという漠然とした希望すらまだ持てていない。時々無駄に焦る。まぁこれに関してはおいおいじっくりと考えていこう。

 

さらにもう1つ。大人の色気を身に付けたい。これはガチ。先日成人式なんかに参加したりもしたが、かつて想像していたハタチの自分はもっと落ち着いていた。が、実際のところは全然そんな自分になれていない。まだまだ子どもだなと痛感することも多々ある。

単に落ち着きたい、というのではない。女としていい感じに熟していきたいのだ。まぁ、難しいだろう。けれど、この1年でわたしは変わるのだ。そう思っている。

 

 

まとめると3点。

・留学に向けた勉強と貯金に精を出す

・大学卒業後のことをイメージして動く

・女として成長する

 

 

 

 

 

んまっ、適度にがんばりまーす。

2017 BTS LIVE TORILOGY EPISODE Ⅲ THE WINGS TOUR in Seoul の話。

 

つい2ヶ月前に방탄소년단(防弾少年団)というk-popグループにハマった。

 

きっかけから話そう。

 

周りに韓国が好きな友人が多い。その中で影響を受けなかったのが不思議なぐらいである。

 

 

韓国語を大学で勉強しているのだが、勉強のモチベーションを上げるためにk-popでも好きになれればな、とはずっと思っていた。

 

それで、元々名前だけ知っていた防弾少年団というグループについて調べてみた。

 

その時はそれで終わりだった。メンバーの名前や顔、性格などを丁寧にまとめてくれているサイトなどを見て、へぇ〜と思う程度だった。

 

 

数日後、某カメラアプリ❄️のマイストーリーに防弾少年団のものがアップされていたのを偶然見つけた。

あ、これ前調べた子らやん、という感じで軽〜い気持ちで開いた。

それなりの時間を要するものであったが、なぜか最後まで見た。

そして、なぜかYouTube防弾少年団を検索しはじめた。

 

 

理由なんてわからないものである。

 

 

けれども、あるものを好きになる時っていうのは、何か得体の知れないものに引き込まれていく感じがする。

 

明確に言葉に表すことのできる原因があるわけではない。なぜか気になってしまう。

 

 

 

それが今回のアルバム、WINGSのカムバックとほぼ同時期であったのだ。

 

数日後には彼らの出演した音楽番組が毎日のようにYouTubeにアップされる。

みる。

 

 

 

あ、これやばいやつや。

 

 

 

ズブッ…(沼に片足入れる音)

 

 

 

 

 

 

アイドルでは美男子しか愛せないたち。最年少でありながら抜群の美形顔、歌もダンスもサラッとこなすグクちゃんにどハマり。

 

たまらんですわ。

 

 

 

 

 

ずっとアイドルを追いかけ続けた中高時代。

きっと一生誰かしらのファンでいる人生だろうと本気で思っていた。

しかし、大学受験を機にアイドルからは遠ざかっていた。

 

ただ、ここにきて「本来の自分」を取り戻してきている。

幸か不幸かは知り得ず。

 

 

 

 

防弾少年団、というか韓国のグループを好きになるというのは予想外であったが、再びアイドルにハマってしまった理由は簡単にわかる。

 

失恋である。

 

 

 

 

彼氏もおらんわ男友達も多くないわってなったらそら「本来の自分」出てくるわな、って話で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というのが、防弾少年団を好きになった経緯である。

 

あんなに勧められても好きにならなかった韓国のグループ。

前から気づいていたが、わたしは人から勧められて何かを好きになることがない。

ハマる時は自分からハマっていく。

不思議だけど、本当にそうなのだ。

 

 

 

 

ちなみに、今開催されているペンミは行かないと決心していたにもかかわらず、結局偶然プレイガイドで名古屋のチケットが余っていると気づき、思わず購入。

 

 

 

だって城ホはバイトで行かれへんねんもん。

 

 

 

アーバンライナーでぴゅっと行ってしまったさ。

 

 

 

 

 

 

 

というレベルには熱を帯びている。

この行動力、普段の生活にも活かせないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前置きがどえらい長くなってしまったが、今回はタイトルにもある通り、2月のソウルコンの話がしたい。

 

 

バカなわたしは、ソウルコンに行く気満々だ。

 

正直ペンミはそんなにおもしろいものとは言えなかった。

 

ただ、次はコンサート。しかも本国での。

 

期待してもいいんじゃない?っていう。

 

 

 

 

同じく韓国好きの先輩と、2〜3月に韓国に行こうという話があった。

ソウルコンに合わせて行けばよくね?という結論に至るのは簡単だった。

 

 

 

 

ということで、人生初、チケッティングという戦争に参加する。

勝てる気がしねぇ〜。

 

 

代行業者という味方をつけ、さらには韓国人のお友達にもお頼み申し上げ、もちろん自分も参加する。

 

 

 

 

果たして無事チケットは手に入るのだろうか。

 

 

 

 

なんせ韓国のアイドルを好きになったのが初めてだから、チケッティングとかいう制度も正直わけがわからん。

 

けどやるしかない。

 

打てる手はすべて打つ。

 

 

インターパークなどというチケット販売サイトについても今回初めて知った。

 

日本でいうチケットぴあやローチケというところであろう。

 

早速登録もしたし、購入手順も予習しておいた。

 

スムーズに購入手続きを進められるようにもっともっと練習せねばならない。

 

 

 

戦いは10日後である。

 

 

 

 

 

それまでになんとかタイピングスキルを上げ、クレジットカード番号を暗記する作業が必要だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オタクは大変である。

 

がしかし、幸せだ。

 

しかも実用技術すら身につくことも少なくはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

婚期だけ逃さなければそれでいい。

 

それが一番難しい。

 

 

 

 

歌詞?メロディー?の話

 

音楽が好きだ。

 

幼稚園の時にピアノを習い始めて、中学でバンドでギターをするようになり、かれこれ15年ほど音楽を嗜んでいる。

 

特別な才能はない。練習も嫌い。だから上手くもない。

けれど、バンド全体で合わせること、ライブに出ることは好き。

 

大学に入ってからはもう特に音楽に触れる機会っていうのはなくなってしまった。

しかし、時々家で一人でアコギをジャカジャカと弾いては歌ったりする。

 

今はバラバラの場所で生きる高校時代のバンドメンバーを呼び集めて、即興音楽会をしたりもする。

 

そんな感じで演奏も好きなのだが、何より音楽を聴くのが好きだ。

 

 

歌の好みは人それぞれなのかもしれない。

歌詞とメロディー、どちらを重視するかという話は昔から友人との話の中でよく議題に上がった。

 

この件についてわたしの考える所を述べようと思う。

 

 

わたしは、メロディーが優先すると考えている。

旋律が好みであったり耳に馴染みやすいものでないと、そもそも頭に残らないし、わざわざ聴く気にならない。

どんなに素晴らしい歌詞が並べられていたとしても、初めて聴く曲で歌詞をじっくり味わうことはなかなかできない。

 

では何がその曲の第一印象を決めるのかという話だ。

その曲の持っている雰囲気、コード進行、リズム、テンポ、旋律ではないだろうか。

もちろんこれはあくまでも取っ掛かりの部分である。

ただし、第一印象の良くない曲をそれ以上聴こうとは思えないものなのだ。

 

 

メロディーが好みだから聴く。そしたら歌詞もいいではないか、という流れである。

 

もちろん、メロディーが好きでも歌詞がそんなに好きでない場合もある。それでもメロディーが好みであれば聴いていられるだろう。

 

 

 

個人的に好きな曲は挙げたらキリがないのだが、その一部を3タイプに分類してみる。適当に思いついたものを並べてみることにする。

ちなみにわたしは若者に流行している曲は知っている方である。ただし邦ロックだけはほんとに聴かないので知らない。

 

 

 

①メロディー、歌詞いずれも好きな曲

 

HANABIMr.Children

オリビアを聴きながら/杏里

NAO/HY

Million Films/コブクロ

カムフラージュ/竹内まりや

milk/福山雅治

らいおんハート/SMAP

 

 

②メロディーは好きだけど歌詞にさほど興味がない曲(歌詞が嫌いというのは特にない)

 

Together/EXILE

君はメロディー/AKB48

One Thing/One Direction

太陽の女神/家入レオ

if/DA PUMP

衝動/B'z

ゲレンデが溶けるほど恋したい/広瀬香美

 

 

③メロディーはそんなに好みではないが歌詞が好きな曲

 

はじまりはいつも雨/ASKA

Stand by U/東方神起

Darling/西野カナ

 

 

 

書いていて気づいたが、当てはまる曲数を比較すると、①>②>③となる。

③はかなり少ないのかもしれない。やっぱりメロディーを好きにならない限りその歌を好きになることは難しい。

 

上記の③に挙げた曲も、メロディーが嫌いなわけではない。特別好みでないというぐらいである。

 

 

前半でも述べた通り、メロディーが好きじゃない曲は歌詞どうこうの前に聴く機会を設けないから、そもそも好きになれないってことであろう。

 

 

 

 

改めてみると、わたしの好きな曲って特徴的だ。ほとんどメジャーコードだけで構成されるような曲はまず好みから外れる。

 

基本的にバラードが好きだ。

エモソングが好きだ。

 

しかし、自作の「エモソングプレイリスト」はしばらく聴いていない。

理由は最近はずっと韓国の歌ばかり聞いてるから。

 

異言語の曲に関してはほんとにメロディーでしかその曲を捉えられない。

なのにそれでも韓国語の歌を聴き続ける理由は、やはり歌詞ではなくメロディーで音楽を嗜んでいるからだろう。

 

 

 

 

食生活の見直しをほんの少しだけ試みたい話

 

家でゴロゴロしてる時って、とにかく口に食べ物を含んでいたい。

そう思うのは自分だけなのだろうか。

 

特に夜中になると甘いものを欲する。

小さな一口サイズのチョコなんかをひたすら続けて10個ぐらい食べてしまう。

 

とりあえず冷蔵庫を開けてしまう。

何もなかったらもどかしくなる。

一種の病気かと疑ってしまいそうになる。

 

 

こんな時間にシュークリーム食べちゃったどうしよ〜〜〜〜?

 

なんてつぶやく巷の女子を横目に、今日もボリボリとお菓子をつまんでいるのだが、わたしは太らない。なぜだろう、体質だとしか思えない。

 

おそらく胃下垂なのである。実際にお腹を割いて胃の形を見たわけではないため、確証はないが、多分これは胃下垂

普段の食事の量は確かに多くはない。比較的少なめだ。

 

けれども、週3でラーメンを食べ続けていた時期もある。しかも大盛り。

さすがに、

あ〜〜、こりゃわたしの胃キャパも随分と大きくなったもんだな

なんて思ったりもした。健康被害もかなり案じられた。

 

 

 

が、太らなかった。

 

 

 

なぜ。

 

 

 

 

自分が一番不思議なのである。

 

代謝が良いわけではない。むしろ悪い方だと思う。胃の中に滑り込んでいったあのラーメン達はどこに行ったんだろうか。

 

体積を必要としない形で毒へと変身し、そのうちこの身体を蝕んでいくのではないだろうか。

 

マジでそんな風に思っていた。

 

けれど、今現在健康に問題はない。

年老いた時に何か良くないことでも起きそうだ、ぐらいの感覚。

 

 

 

しかし、そんなわたしがついに最近太りはじめたのだ。

 

大体いつも保っていた体重より2キロ程度軽くなった時があった。

その理由もよくわからなかった。

 

それから2ヶ月ほど経った現在、その数値から4キロ増えている。

まあ、通常時の体重と比較すれば2キロ増でしかないのだが、なんせこの短スパンでの増加率がすごい。

 

しかも、身長が低く元の体重も軽い方なので、2キロといえど増加率は高い。

 

 

 

原因はなんだろう。

 

 

 

夜中の一人チョコ大食い大会なんてのは、今に始まったことではない。別に誇ることでもないが、こんなのはずっと前からやってる。

 

なんならラーメン週3生活にも何ヶ月も前にピリオドを打っている。

 

どこに太る原因があるのだろうか。

 

 

 

あ。

 

酒。

 

 

 

この2ヶ月の間でアルコールの摂取量が大幅に増えた。

というのも、ハタチの誕生日を迎えたからである。

 

確信は持てないが、それ以外の生活における変化が見当たらない。絶対酒のせいだ。

 

調子こいて家で一人で晩酌なんかしてる場合ではなかった。

 

 

マジでアルコール量抑えよ…。

 

 

と心に誓って家では呑まないことにする。

 

チョコはやめない。

 

 

 

はてなブログはじめます。




はじめまして。ちんと申します。



だれに向けるものでもないですが、なんとなく思いのままに文章を綴ることのできる媒体があればなと思い、ブログ開設に至ります。




以下わたしの基本的なプロフィールでござります。



関西在住の女子大生です。


旅行が好きで、そのために頑張ってバイトしております。国内外問わず色んなところに行きたい。


勉強は嫌いですが、最近K-POPにハマり、韓国語はほどほどにやってます。

ちなみに방탄소년단(防弾少年団BTS)の정국(ジョングク)を愛でまくっています。ほんとに美しい。


好きな食べ物は、タコときゅうりの酢の物


苦手なものは、ウェイ大学生。


中高の部活は軽音楽部で、ずっとギターを担当してました。大学ではやってません。サークルにも入ってません。





こうみたらただのクッソインキャみたいな人間かと思われそうですが、そんなこともない。と思ってます。


フットワークの軽さは誰にも負けないし、人付き合いが好きなので食費でお金が消えていくタイプの人間です。見た目にもそれなりに気を遣っている方だと思います。うん。






で、冒頭にも書いたけど、ブログを開設しようと思ったのは、日々物事を見て聞いて感じたことを残したいなということから。



感受性が豊かな方で、感情を言葉にするのが好き。


Twitterもやってるけど、そこには書ききれないところまで綴りたい。


そんな感じっす。








続くかどうかは








知らん。