読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちんブログ

その辺にいる女子大生の意味をなさない記録媒体。

2017年の生き方についての話。

 

三日坊主も甚だしく、前回の更新が1ヶ月以上前だった。

この1ヶ月の間の大きな出来事と言えば、2016年の終結、そして、2017年の到来。

 

 

2017年の自分の在り方を考えるにあたり、まずは自分にとって2016年とはどんな年だったか振り返ってみることにする。

 

 

2016年、正直前半の記憶がかなり少ない。というか本能が記憶を消してるんだと思う。

というのは、6月に当時付き合っていた人と別れたのだが、2016年の前半というのは彼に関する事案が記憶の大部分を占めるからである。

 

今思えば別れて正解だった。だってその後の生活の充実度合いがこれまたすごいんだもの。

けれど、当時はまあそれなりに苦しんで悩んだし、たかが19の女からすればかなり辛い日々であったのだ。

 

詳しい経緯はもうどうでもいいから書き記すつもりはない。ただ、本当に2016年前半というのは大した記憶が残っていないというだけである。

 

というわけで、わたしにとって2016年の思い出というのは、全て後半の半年に詰まっている。

 

とにかくこの半年は自由に伸び伸びと生きていた。具体的に言うと、より多くの人やモノ、文化に触れた。

日常的な面でいうと、身近な人とたくさん会話を交わした。とにかく積極的にお酒の席にあらゆる人を誘ったのだ。

 

それから、夏休みや学祭休みの期間を利用して10回以上旅行した。日帰りのものも含めているが、そのうち海外へ行ったのが3度である。

バリ島、台湾、韓国へ行ったが、最も印象的なのはダントツでバリ島だ。そこに流れる非日常空間に魅了されまくった。ぜひとも再びまた訪れたい場所No.1である。

 

とにかくわたしは非日常体験が好きだ。旅行好きなのは以前からだったが、この2016年は特にあちこちに足を伸ばすことができ、まさに自分の願望をより多く実現した年であった。

 

6月に彼氏と別れてからは恋愛はしてない。いいなと思う人がいても恋愛関係には発展していない。

しかし、わたしにとって大きな契機となったのが、防弾少年団との出会いである。この件については以前の記事で書いたので省略することにするが、元々持っているアイドルオタク気質が再興してきたのだ。おかげで毎日がハッピーだ。

 

あ、そうだ。ソウルコンのチケットはなんとか代行にて確保できたので、また2月に韓国へ行って参る。チケット代が倍以上になってるのはなんとも悔しいが仕方ない。それよりも、2枚で取ったのに連番じゃなかったことの方がわたしの心をかき乱している。まあそれは今は置いておこう。

 

というわけで、わたしの2016年というのは、生きてきた20年間で最も充実していた一年であった。

 

 

では本題。2017年をどう生きるか。

 

今年は大学生活も後半に入る年だ。2年間遊び倒したからそろそろ勉強やら将来のことやら、しっかり考えていかなくてはならん。本当は逃げたいが。仕方ない。

 

具体的に言うと、4月からは大学とバイトの往復で生きていくつもりだ。これまでの生活を考えれば、わたしがそんなことできるはずがない。けれども、できそうな気がする。理由は、遊ぶ友達がいなくなるから。大学の友達のほとんどが3月から留学に行ってしまうのと、大学入学当初から続けているバイトを辞めるのでそこでの人間関係も希薄になるのだ。

 

ほんとはさみしい。一応その辺り並みの女子大生の感情は持っている。けれども、それをいい機会だと思うのだ。今まで散々サボってきた勉強をする時が来た。実を言うとこの秋から留学を考えている。それならなおさら、ある程度勉強しておかないとせっかく大金を叩くのにそれほどの効果が得られないということになりかねない。

もちろん、お金も貯めないといけない。旅行ばかりしてたこれまでの学生生活ではお金はたまらなかった。3月末にイタリアに行くのだが、それから帰ってきたら旅行はもうしない。という心意気でいる。

 

あとは単純に3回生になるということで自分のキャリアについても考えていかねばならなくなる。企業のインターンへの参加もこの夏には必須だろう。将来の夢みたいなものはないし、こういう仕事がしたいという漠然とした希望すらまだ持てていない。時々無駄に焦る。まぁこれに関してはおいおいじっくりと考えていこう。

 

さらにもう1つ。大人の色気を身に付けたい。これはガチ。先日成人式なんかに参加したりもしたが、かつて想像していたハタチの自分はもっと落ち着いていた。が、実際のところは全然そんな自分になれていない。まだまだ子どもだなと痛感することも多々ある。

単に落ち着きたい、というのではない。女としていい感じに熟していきたいのだ。まぁ、難しいだろう。けれど、この1年でわたしは変わるのだ。そう思っている。

 

 

まとめると3点。

・留学に向けた勉強と貯金に精を出す

・大学卒業後のことをイメージして動く

・女として成長する

 

 

 

 

 

んまっ、適度にがんばりまーす。